技術・人文知識・国際業務ビザ

技術・人文知識・国際業務ビザは、以前は「技術ビザ」と「人文知識・国際業務ビザ」の2つに分けられていたのが2015年4月1日の法改正により1つになったビザです。

理学、工学その他の自然科学の分野、法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する方に与えられるビザです

例えばIT関連の技術者や通訳・翻訳、デザイナー、語学教師などに与えられます。

在留期限は5年、3年、1年、3月です。

 

技術・人文知識・国際業務ビザ取得の要件

  1. 学歴又は職歴(実務経験)の要件を満たしていること。
    ・学歴
     これから従事する予定の業務に関連がある専門分野を専攻して大学を卒業していること。(実務経験は不要。但し広報,宣伝又は海外取引業務 ,服飾若しくは室内装飾に係るデザイン,商品開発その他これらに類似する業務に従事する場合は実務経験も必要)
    ・職歴(実務経験)
     10年以上(技術と人文知識)
     3年以上(翻訳、通訳、語学指導、広報、宣伝、海外取引業務、デザイン、商品開発に従事する場合)
    ・法務大臣告示で定める情報処理技術に関する試験の合格、資格の保有(技術)(この場合学歴要件、実務経験要件ともに不要)
  2. 日本人と同等以上の報酬を受け取ること。
  3. 勤務先の会社の安定性・継続性があること。
  4. 素行不良でないこと京王八王子駅前徒歩1分の行政書士・社会保険労務士
    岡村国際法務事務所は、開業して以来すでに10年。数多くの実例を取扱い、一つ一つ丁寧な実績を重ねてきました。
    業務の延長で、実際に韓国や中国、台湾、フランスなどに出張し、9桁(億単位)の相続などの仕事も成功しています。
    是非ご用命ください。

    技術・人文知識・国際業務ビザ申請に必要な書類

    ・ 在留資格認定証明書交付申請書
    ・ 写真(縦4cm×横3cm)
    ・ 返信用封筒(392円切手を貼付)
    ・ 申請理由書

    招聘会社が上場企業の場合(以下のいずれか1つ)
    ・ 会社四季報の写し
    ・ 日本の証券取引所に上場を証明する文書
    ・ 主務官庁の設立許可を受けたことを証明する文書
     招聘会社の法定調書合計表の源泉徴収税額が1,500万円以上の団体・個人
    ・ 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表

    法定調書合計表を提出した団体・個人
    ・ 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表
    ・ 株主名簿その他投資額を明らかにする資料
    ・ 役員報酬を決議した株主総会の議事録の写し
    ・ 地位、期間、報酬額を明らかにする所属団体の文書
    ・ 雇用契約書、採用通知書の写し
    ・ 管理者の場合は3年以上の経験を有することを証する文書
    ・ 申請人の履歴書
    ・ 大学院で経営又は管理に係る科目を専攻した期間の記載された学校の証明書
    ・ 会社案内、パンフレット
    ・ 登記事項証明書・ 賃貸借契約書
    ・ 直近の決算文書の写し
    ・ その他必要な書類

    法定調書合計表を提出していない団体・個人
    ・ 株主名簿、投資額を明らかにする書類
    ・ 役員報酬を決議した株主総会の議事録の写し
    ・ 地位、期間、報酬額を明示する所属団体の文書
    ・ 雇用契約書、採用通知書の写し
    ・ 管理者は3年以上の経験を有することを証する文書
    ・ 申請人の履歴書
    ・ 大学院で経営又は管理に係る科目を専攻した期間の記載された学校の証明書
    ・ 事業内容を明らかにする資料

    ・ 登記事項証明書(準備中の場合、定款の写しで可)
    ・ 賃貸借契約書
    ・ 直近の決算文書の写し(新規事業の場合、事業計画書)
    ・ その他必要な書類

※ 証明書類は発行日から3ヶ月以内のもの

 お問合せは、京王八王子駅前徒歩1分の行政書士・社会保険労務士 岡村国際法務事務所までお気軽に

お問い合わせ・お申し込みはこちらから