永住許可申請

永住許可申請は、外国人が日本国籍を所持しなくても日本に永住できる在留資格です。

1.社会的信用が増し住宅ローン審査や金利で優遇。
2.更新手続きをしなくて良い。
3.就労制限がなくどのような仕事もできる。
4.配偶者と死別してもそのまま日本に永住できる。
5.国籍は以前と変わらない。

などの大きなメリットがあります。
しかし、日本に帰化する場合とは異なり国籍は以前のまま変わりませんので、選挙権は与えられませんし、例えば犯罪を行うと退去強制の対象となります。

 永住資格を取得することは容易ではありません。

1 素行が善良であること。
2 独立生計を営むに足りる資産または技能がある。
3 日本国の利益に合すると認められること。
4 引き続き10年以上日本に在留していること
うち、就労資格か居住資格をもって引き続き5年以
上在留していること。(日本人の配偶者等は特例で
短い) 

その他多くの要件が定められており、出入国の状況や国内、外国での犯罪歴等を総合的に勘案し、法務大臣の裁量により決定されます。法務大臣の裁量権は幅広くあります。

したがって、自分で申請するのは最も難しいビザ申請の一つです。

京王八王子駅前徒歩1分の行政書士・社会保険労務士、岡村国際法務事務所は過去10年の実績と、国際行政書士協会会員としての知識、許可されるに十分な証拠の収集の方法などを得て多くの成功事例を重ねてきました。                     仮にいったん不許可となっても何度でも再申請はできます。違法行為を隠していたなどの場合でなく、要件を満たしていれば、入管職員に不許可理由を尋ね、本人納得の上で何度でも申請いたします。

是非プロに任せ、ご本人は安心して自分の仕事などに打ち込んでください。

【申請に必要な書類】
永住者ビザを申請するには、下記のような書類が必要です。
一人ひとりの状況によって揃えるべき書類は異なりますので、詳しいことはお気軽に岡村国際法務事務所にお問い合わせ下さい。

1.永住許可申請書
http://www.moj.go.jp/content/000099653.pdf

2.申請理由書
申請書に書く欄はわずかしかありません。別紙で詳しく永住申請理由を記載します。岡村事務所がご本人からの聴取・確認により代理作成いたします。

3.パスポートとそのコピー

4.在留カードとそのコピー

5.身分関係を証明する資料
・戸籍謄本や子の本国の戸籍謄本等
履歴書

6.住民票の写し(家族全員分)

7.申請人又は扶養する者の職業を証明する資料  
・会社の在籍証明書、源泉徴収票        
・会社経営の場合、登記簿謄本

8.申請人又は扶養する者の所得を証明する資料
・過去3年間の課税証明書、納税証明書       
・会社経営の場合、上記に加え会社の過去3年間の決算書や納税証明書

9.申請人又は扶養する者の資産を証明する資料
・銀行預金通帳の写し、残高証明書
・不動産登記簿謄本など 

10.社会保険加入義務のある方(給与所得者や会社経営者)
・健康保険証の写し

11.身元保証人に関する資料(日本人か永住者)
・戸籍謄本                  
・住民票
・身元保証書                
・在籍証明書                

・源泉徴収票
・課税証明書
・納税証明書

12.住居報告書及び家族状況報告書
・住居の賃貸契約書や土地家屋登記簿謄本
 ※就労資格及び家族滞在からの申請は提出免除

13.その他
自治体等からの表彰状や感謝状などの書類

詳しくは、京王八王子駅前徒歩1分の行政書士・社会保険労務士 岡村国際法務事務所までお気軽に

お問い合わせ・お申し込みはこちらから